防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

京都水族館にもダイオウグソクムシ登場

17日から展示が始まったダイオウグソクムシ(京都水族館公式facebookページより引用)

 三重県鳥羽水族館で5年間絶食を続けたことなどで、最近はネット上でも人気の高いダイオウグソクムシだが、京都水族館(京都市下京区)でも、17日からダイオウグソクムシの展示を開始した。

 

 ダイオウグソクムシは体長が最大で50センチ近くにもなる深海生物で、いまだにその生態は不明な部分も多い。

 

 5年間絶食していた鳥羽水族館のダイオウグソクムシも、死亡後の解剖で、体内から正体不明の液体を検出。細菌も見つかっていることから、「食べなくても長生きできる『夢の酵母』の可能性」も取り沙汰されている。

 

 

 京都水族館にお目見えしたダイオウグソクムシは、メキシコ湾で採集された個体で、17日から同館「海洋ゾーン(無脊椎の世界)」で展示が開始されている。

 

 

■ 京都水族館公式facebookページ

https://www.facebook.com/Kyoto.aquarium.official

 あなたにオススメの記事

メニュー