防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風10号発生 連休明けに沖縄に接近か

   気象庁は18日、フィリピンの東の海上で台風10号(国際名・マットゥモ)が発生したと発表した。


   18日午後3時現在、台風10号の中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。ゆっくりとした速さで北北西に進んでいる。


   今後、台風10号は勢力を強めながら北よりに進路を取り、22〜23日頃、沖縄の南の海上に近づく見込み。接近に伴い、沖縄では次第に波が高くなるとみられ、気象庁は海のレジャーなどは注意するよう呼びかけている。

   

 あなたにオススメの記事

メニュー