防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

マレーシア航空 墜落機に搭乗の298人国籍判明 日本人はなし

   マレーシア航空は19日、ウクライナ東部で撃墜されたとみられるMH17便に搭乗していた乗員乗客298人の国籍がすべて判明したと発表した。オランダ、マレーシアなど10ヶ国で、日本人はいなかった。


   最も多かったのはオランダで192人。次いで、マレーシア44人、オーストラリア27人、インドネシア12人、イギリス10人、ドイツとベルギーが各4人、フィリピン3人、カナダとニュージーランドが各1人となっている。


   このうち、オランダの1人はアメリカと、イギリスの1人は南アフリカとの二重国籍を持っているという。乗員15人は全てマレーシア人だった。

   

 あなたにオススメの記事

メニュー