防災と災害情報のニュースメディア
  • IT

九州バスジャック 運転手から発せられた「SOS 110番へ」RT速報

無事でなにより…/のぶ‏@lven_nさんTwitterアカウントより引用

 3連休(19~21日)の中日に九州自動車道で発生したバスジャック。

 

 事件発生から間もなくして犯人は銃刀法違反容疑で取り押さえられ、西鉄高速バスの運転手1名と乗客24名は無事に保護されたが、このとき運転手が発した「SOS」がツイッター上で話題となっている。

 

 

「旅行にいく途中に
九州自動車道でバスジャックに遭遇した。
ばり怖いしガチ。
警察30台以上きとるん
バスの後ろに
SOS 110番へ
て切り替わっとん。
やっぱ危ないねここらへんでも
バスでも気をつけなね。」
のぶ‏@lven_n

 

 

 バス後方の窓にある、モニターにご注目。

 

 通常は行き先などが表示されるところに「SOS 110番へ」の文字が出ており、バスジャックの発生後に運転手が外部へ助けを求めた様子がわかる。

 

 Twitterの投稿時間が20日の午後0時15分なので、事件が解決した午前11時35分頃から、およそ30分後に公開されたもので、投稿者の別の画像には、バスの周囲に群がる多数のパトカーも写されていた。

 

 西鉄高速バスと言えば、思い出されるのが2000年5月3日に発生した当時17才少年によるバスジャック。

 

 乗客1名が殺害されるという痛ましい事件となったが、今回も一歩間違えれば同じ危険性をはらんでいただけに、とにかく無事に解決して何よりであろう。

 あなたにオススメの記事

メニュー