防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

今年は富士山・天女・サザエさん 青森の田んぼアートが見ごろ

田んぼのキャンパスに描かれたサザエさん/田舎館村HPより引用

 生長すると色の異なる稲を水田に植えて絵を描く、青森県田舎館村の通称「田んぼアート」が見ごろを迎え、今年は第1アート会場に『富士山と羽衣伝説』、第2アート会場に『サザエさん』が鮮やかな色彩で描かれている。

 

 田んぼアートとは、青森県田舎館村が1993年に始めた村おこしの取り組みで、村役場の裏にある田んぼを使って毎年実施。

 

 色の異なる古代米などを植えることにより、まるで田んぼのキャンバスに絵の具を塗るかのように稲が生長し、過去には、戦国武将や「竹取物語」、葛飾北斎の「富嶽三十六景」などが描かれてきた。

 

 7月中旬を過ぎて今年もいよいよ見ごろを迎えたと同村のHPなどから呼びかけており、観光客は展望台から眺めることができる。また、9月下旬には稲刈り体験ツアーも実施される。

今年は羽衣伝説の天女と…/田舎館村HPより引用

今年は羽衣伝説の天女と…/田舎館村HPより引用

富士山を見事に表現/田舎館村HPより引用

富士山を見事に表現/田舎館村HPより引用

 あなたにオススメの記事

メニュー