防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

関東甲信地方も梅雨明け 降水量は平年の約2倍

 気象庁は22日午前11時に、関東甲信地方は向こう1週間、高気圧に覆われ晴れる日が多い見込みとして、「関東甲信地方は梅雨明けしたと見られる」と発表した。

 

 関東甲信地方の梅雨明けは平年より1日遅く、昨年より16日遅い。

 

 関東甲信地方の今年の梅雨は、栃木県宇都宮で降水量(6月5日〜7月21日 速報値)が平年値の2倍以上の633.0ミリ(平年値310.5ミリ)なったの始め、群馬県前橋で465.0ミリ(平年値272.2ミリ)、埼玉県熊谷で426.5ミリ(平年値272.2ミリ)、東京で406.5ミリ(平年値270.1ミリ)など、各地で大雨をもたらした。

 あなたにオススメの記事

メニュー