防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

27日は北日本から西日本にかけて落雷などに注意

 低気圧や寒冷前線の影響により27日は北日本から西日本の広い範囲で雷が発生し、特に関東甲信地方では局地的に非常に激しい雨の降るおそれがあるため、気象庁では落雷や竜巻、土砂災害などに注意するよう呼びかけている。

 

 27日は夜にかけて低気圧が北海道を通過し、寒冷前線が東日本の太平洋側へ南下。日中の気温上昇が加わって関東甲信地方を中心に大気の状態が非常に不安定になる見込み。

 

 このため北日本から西日本の広い範囲で雷が発生し、特に関東甲信地方では局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあるとして、気象庁では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけている。

 

 また、降ひょうのおそれもあるとして、農作物や農業施設の管理も注意するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー