防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

喫煙者は5人に1人? JT調査で喫煙率が過去最少の19.7%に

年代別の1日あたりの平均喫煙本数(JTホームページより)

   日本たばこ産業(JT)は30日、国内の喫煙率が19年連続で減少し、19.7%と1965年の調査開始以来、初めて20%を下回ったと発表した。


   JTが毎年実施している「全国たばこ喫煙者率調査」で、今年は全国の成人男女約3万2000人を対象に調査し、60.5%から回答があった。


   喫煙率は前年から1.2ポイント下がり、男女別では男性が1.9ポイント減の30.3%、女性が0.7ポイント減の9.8%。年代別では男女とも40代が最も多く、次いで30代と50代が多かった。喫煙人口は男女あわせて2059万人(前年比136万人減)と推計されるという。


   「毎日吸う人」の1日あたりの平均喫煙本数は男性19.0本、女性15.1本で、年代別でみると、男性は50代が最多の21.1本、女性は50代と60歳以上で16.5本が最も多かった。


喫煙率は1966年の49.4%をピークに下がり続けており、2004年には30%を割り込んでいた。JTは高齢化の進展や健康志向の高まり、消費増税による値上げなどで、今後も「喫煙者率は減少傾向にある」とみている。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー