防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

ベネッセの四半期決算 136億円の赤字 セキュリティ対策260億円

 7月に顧客情報の漏えい問題が発覚したベネッセホールディングスは31日、2014年4~6月期の決算について、260億円の情報セキュリティ対策費を特別損失に計上した結果、四半期純損益は136億円の赤字になったと発表した。

 

 売上高は1155億円(前年同期比2.2%増)、営業利益は49億円(前年同期比-12.4%)、経常利益は47億円(前年同期比-18.4%)と、増収減益ながらも経常利益までは黒字を確保。

 

 しかし、顧客情報の漏えい問題を受けて特別損失に計上した260億円のセキュリティ対策費が響き、四半期の純損益は136億円の赤字に転落した(前年同期は26億円の黒字)。

 

 2015年3月期の連結業績予想については、今回の漏えい問題が現在調査中で新規の営業活動を停止しており、その影響を合理的に見積もることができないため、未定。同社では「今後、業績予想の開示が可能となった時点で、速やかに開示いたします」としている。

 あなたにオススメの記事

メニュー