防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

34年ぶり口永良部島が噴火 島民半数が屋久島へ避難

噴火直後の口永良部島(口永良部島ポータルサイトより引用)

 気象庁は3日、口永良部島(くちのえらぶじま 鹿児島県屋久島町)が1980年9月以来34年ぶりに噴火し、噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げたと発表した。

 

 口永良部島は屋久島の西約12キロに位置する島で、人口は146人。周囲に漁場があり、温泉も豊富なことから観光地となっている。

 

 気象庁によると、昨日(3日)午後12時24分に同島新岳付近で噴火が発生し、灰色の噴煙が800メートル以上上がったとのこと。

 

 同庁では火山活動が高まっていることから、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げるとともに、同島では消防団の指示で島民がいったん避難、降灰・噴石などの危険がある地区の住民は本村地区の公民館に移動した。

 

 さらに今日(4日)、来島していた観光客全員と住民のうち、お年寄りや子どもなど約半数が12キロ離れた屋久島へ避難している。

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー