防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風11号 西日本へ接近 四国や九州で24時間300ミリ

 強い台風11号は8日から9日にかけて九州地方へ、9日から10日にかけては四国・中国地方へ接近する見込みとなっており、気象庁では同地方や沖縄地方に対して土砂災害や低い土地の浸水、高波、暴風などへの警戒を呼びかけている。特にこれまでの大雨で地盤が緩んでいるところは厳重な警戒が必要となる。

 

 台風11号は8日午前8時現在、奄美大島の東南東約240キロにあり、中心気圧が945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速が40メートル、最大瞬間風速が55メートル。

 

 中心の南東側200キロ以内と北西側150キロ以内では風速25メートルの暴風となっており、東側560キロ以内と西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。


 今後、台風11号は時速10キロでゆっくり北へ進み、8日昼過ぎには奄美地方の一部が風速25メートル以上の暴風域に入り、9日にかけて九州地方、9日から10日にかけて四国や中国地方へ接近する見込みとなっいる。

 

 このため8日から9日にかけては各地で大雨や高波、暴風などが予想されており、大東島地方では最大風速30メートル(最大瞬間風速45メートル)、鹿児島県では最大風速30メートル(最大瞬間風速45メートル)、豊後水道では最大風速28メートル(最大瞬間風速40メートル)となっている。

 

 また、9日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで九州南部地方が300ミリ、九州北部地方が250ミリ、四国地方(太平洋側)が300ミリ、中国地方(山陽)が100ミリ。

 

 これらの地域では局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれもあり、気象庁は落雷や土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、暴風、高波などに対する警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー