防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

笹井氏の死去を受け理研が声明「痛恨の極みです」

 理化学研究所は7日、同研究所の笹井芳樹氏が5日に亡くなったことを受けて、同氏の「メンタルケアなどに留意していた」としながらも「早すぎる死を防げなかったことは、痛恨の極みです」とする声明を発表した。

 

「STAP細胞問題にご関心を寄せられる方々へ」と題してホームページ上に掲載されたメッセージで、理研では、笹井氏がSTAP論文についての批判を受け心労が重なっていたことを懸念し、メンタルケアなどには留意していたと説明。

 

 しかし、今回の事態に至ってしまい、笹井氏や家族に対して哀悼の意を表明すると同時に、「大切なことは、この不幸がこれ以上周辺の関係者に影響を与えないこと」と語っている。特に若い研究者や職員、その関係者などの動揺は深刻とのことで、今後、彼らの負担軽減を進めていくため、「皆様にも、ぜひこの状況をご理解とご協力いただきたくお願い申し上げます」と述べている。

 

 理研では現在、研究不正の再発防止のためアクションプランの策定を進めているが、その取り組み方などについては7月25日に日本学術会議から批判が出ていた。

 あなたにオススメの記事

メニュー