防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

飛行機でいつでもスマホOK 国交省が9月から規制緩和

   国土交通省は7日、スマートフォンやタブレット端末などの電子機器を飛行機内でいつでも使えるよう、9月1日から規制を緩和すると発表した。


   これまで飛行機内では計器類への悪影響を避けるため、通信電波を発する電子機器の使用は制限され、離着陸時には電源を切り、上空を飛行中のみ電波を発しない「機内モード」で機内Wi-Fiに接続して使用することができた。


   しかし、飛行機の電波への耐性が高まり、欧米で規制緩和が進んできたことから、国交省は見直しを決定。9月からは、上空に限らず離着陸時の「電源オン」を解禁する方針だ。


   「機内モード」に設定したスマホやタブレット端末、携帯電話の他、電波を発しないパソコンや電子ゲーム、デジタル音楽プレーヤーも常時使用可能になり、機内Wi-Fiに接続してのインターネットや機器同士で通信するブルートゥースを搭乗から目的地に着くまで楽しめる。


   ただし、飛行機外の機器と通信するメールや通話は引き続き禁止。また、電波への耐性が低い小型や古い型式の飛行機では従来通り離着陸時の「電源オフ」が必要になるという。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー