防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

中国産タマネギに残留農薬 輸入業者に検査義務付けへ

   中国産タマネギから基準値を超える農薬成分「チアメトキサム」が検出されたとして、厚生労働省は中国産タマネギや加工品を輸入する全業者に対し、輸入時にサンプル検査を義務付ける命令を出した。


   チアメトキサムは、ニコチンに似た物質を主要成分とするネオニコチノイド系農薬の一種。品目別に濃度の基準値が決まっており、タマネギは0.01ppmに設定されている。


   厚労省によると、残留農薬が検出されたのは東京都と神戸市の2業者が輸入したタマネギで、7月8日にそれぞれ17.5トン、12トンが日本に到着。検疫所の検査で、東京都の業者のタマネギは0.07ppm、神戸市のものは0.03ppmが検出された。


   一部はすでに市場に流通し、業者が自主回収しているが、厚労省によると、体重60キロの人がチアメトキサムが0.07ppm残ったタマネギを毎日15キロ食べても健康に影響はないという。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー