防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

ペルセウス座流星群は今晩が見ごろ 国立天文台

写真の中央右側に走る線が流星の一つ/国立天文台HPより引用

 しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで三大流星群の一つとされる「ペルセウス座流星群」は、今晩(12日)から明日(13日)の未明にかけてが最も見ごろ。国立天文台では「月がなく夜空の暗い場所ならば、1時間に最大で50個以上の流星を見ることができます」としている。

 

 国立天文台によると、今年のペルセウス座流星群が最も活発になる「極大」は13日午前9時頃。ただし、この時間帯は太陽の明かりで流星を見ることはできず、今晩深夜から13日の未明にかけてが最も出現数が多くなる。

 

 より多くの流星を捉えるためには、空を広く見渡せる場所で、できるだけ広い範囲に注意を向けておくのがコツで、さらには観察の邪魔になる月の光が自分の視界に入らないように気をつけておくと良い。

 

 国立天文台によると、今年は満月の明るさで流星が見えづらく、例年よりも確認できる数は減ってしまう。しかし、観察しやすい場所であれば1時間に最大で50個以上の流星を見ることができ、空を長時間見続けるときには「レジャーシートなどを用意して、寝転がったまま観察できるよう準備をしておくとよい」とのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー