防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

Suicaポイントクラブ また大量アクセスで不正ログイン756件

Suicaポイントクラブ サービス停止期間中の詳細(SuicaポイントクラブHPより引用)

 JR東日本は18日、Suicaポイントクラブへ29万回超の大量アクセスがあり、756アカウントで不正ログインが判明したとして、該当ユーザーの会員メニューへのログインを停止した。

 

 同社によると、15日午後1時29分にSuicaポイントクラブのホームページに約29万6000件のアクセスがあったことからサービスをいったん停止して調査を行ったところ、756アカウントが不正にログインされ、会員情報が閲覧された可能性があることがわかった。

 

 現在、該当するアカウントについては利用を停止しており、該当ユーザーについては個別に連絡をとってパスワードの変更を依頼すると同時に、当面の間、平日の10時から18時までの間以外の時間帯については、一部のサービスを停止している。

 

 なお、現時点で登録情報の改ざんや、なりすましによるポイントの不正利用は確認されていない。

 

 JR東日本では、システムの監視体制を強化していくとする一方で、不正ログイン防止の観点から、被害を受けてないユーザーに対しても「他のサービスで利用しているパスワードを使わない」、「パスワードは定期的に変更し、過去に使ったものは極力使用しない」、「第三者が推測しやすいパスワードは使用しない」といった対策を呼びかけている。

 

 Suicaポイントクラブは、今年3月にも大量アクセスがあり、その時は約92万件の不正ログインが試みられた形跡があった。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー