防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

夏の高校野球 決勝は三重vs大阪桐蔭 25日午後1時開始

   第96回全国高校野球選手権大会の準決勝2試合が24日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、三重(三重)と大阪桐蔭(大阪)が決勝へ駒を進めた。決勝は25日午後1時から開始する。

 

   三重は日本文理(新潟)と第一試合で対戦。左腕・今井重太朗投手が日本文理を5安打に抑えて完封し、5ー0で降した。三重の決勝進出は初めてで、県勢としても1955年に優勝した四日市以来、59年ぶり2度目という。


   一方、大阪桐蔭は敦賀気比(福井)との打撃戦を15ー9で制し、2年ぶりの決勝進出を決めた。敦賀気比は御簗翔選手の2打席連続本塁打など、大阪桐蔭を上回る15安打を放ったが、及ばなかった。

 

   

 あなたにオススメの記事

メニュー