防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

エボラで日本の未承認薬提供も 官房長官

 西アフリカで拡大を続けるエボラ出血熱に対する未承認薬の使用を求める動きがあることに関し、菅義偉官房長官は25日、日本で開発された薬剤について「WHO(世界保健機関)の結論が出る前でも、医療従事者から提供の要請があれば個別に対応したい。WHOからの要請の前に提供することもありうる」
と述べた。

 

 菅長官が名前を挙げたのは、アビガン(一般名ファビピラビル)で、日本では抗インフルエンザウイルス薬として承認されている。

 

 未承認薬としては、米国で実験段階の治療薬「ZMapp(ズィーマップ)」を投与された感染者が回復したとされる前例がある。

 

 また、WHOは、米CNNの取材に答え、シエラレオネの提携機関の職員がエボラに感染したことを明らかにした。WHOや提携機関の職員の感染が確認されたのは初めて。

 あなたにオススメの記事

メニュー