防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

外部からのDDos攻撃でソニーPSN 20時間にわたり接続障害

DDos攻撃を犯行予告したLizard SquadのTwitter

 ソニー・コンピュータエンターテインメント(SCE)によると、自社のオンラインサービス「Sony Entertainment Network」に対して、人為的な大規模アクセスが集中し、PlayStationシリーズ向けのオンラインサービス「PSN」を含むサービスが、昨日(24日)から今日午後2時にかけて約20時間停止していたが、現在は復旧している。SCEでは同社ブログで分散型サービス拒否(DDos)攻撃を受けたことを認めたうえで、個人情報にアクセスされた痕跡はないとしている。

 

 接続障害が発生したのは昨日(24日)午後6時ごろで、PSNやVideo Unlimited、Music UnlimitedなどSony Entertainment Network関連のサービスにログインできないケースが相次いだ。同社ではサービスを停止し、復旧と再開に向けて作業を進めていたが、今日午後2時ごろサービス再開を発表した。同社では外部からのDDos攻撃を受けたことを認めて、原因究明のための作業を進めている。

 

 今回のDDos攻撃については「Lizard Squad」を名乗るグループがTwitter上で犯行声明を出しているが、同グループはほかにもSony Online Entertainment(SOE)の社長が登場する予定だったアメリカンエアライン 362便にも爆弾を仕掛けたと発言しており、海外メディアによれば同便ではこの犯行予告を受けて予定を変更しているとのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー