防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

北陸から西日本で大気不安定 大雨・落雷・突風に注意

 前線を伴う低気圧が東に進んでいるため、北陸地方から近畿、西日本にかけての地域で今日(26日)夕方から夜にかけて大気が不安定な状態が続く見込みで、気象庁では局地的にふる大雨や落雷、突風に注意するよう呼びかけている。

 

 気象庁によると、朝鮮半島にある低気圧から北陸地方に向かって伸びる前線に湿った空気が流れ込んでいるため、北陸や近畿、土砂災害のあった中国地方にかけて西日本の広い範囲で大気が不安定な状態が続いている。

 

 このため、福井県と石川県では今日夕方にかけて、局地的な大雨を伴う落雷や竜巻など天気が荒れる見込みで気象台では注意を呼びかけているほか、大規模な土砂災害のあった中国地方でも、明日(27日)までの24時間に予想される雨量は、多いところで、山陰地方で60ミリ、山陽地方で40ミリとなっており、気象台では地盤の緩んでいる地域に対して、土砂災害への注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー