防災と災害情報のニュースメディア
  • IT

不正アクセスで日産HP「下取りサイト」が改ざん

 日産自動車は26日、ホームページの「下取り参考価格シミュレーション」サイトが第三者の不正アクセスによって一部のプログラムが改ざんされ、利用者が意図せぬ第三者サイトに移動させられるなどの不具合が生じたと発表した。


 改ざんされていた期間は、今年の6月30日午前4時21分から8月22日午後11時22分まで。現状、個人情報の流出は確認されていないが、改ざんされたプログラムにより、同サイトの利用者は閲覧中に意図せずに第三者のサイトに移動させられたりする事実が確認された。また、一部の利用者は意図しないファイルをダウンロードさせられていた可能性があるという。


 同社では、被害を受けたサーバを停止し、セキュリティ専門会社による調査を実施しているが、このサーバ上では「他メーカー比較」(comparison.nissan.co.jp)も運用されていたため、同サービスも停止している。


 改ざんされた期間中、サイトにアクセスした可能性がある利用者に対して、同社は、最新のセキュリティソフトによるウィルス感染に対する診断を推奨している。

 あなたにオススメの記事

メニュー