防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

理研「STAP細胞、再現できず」検証内容を中間報告

 STAP細胞に関する不正論文をめぐる問題で、理化学研究所は今日(27日)、STAP細胞を再現する検証実験についての中間報告を行い、現時点でSTAP細胞の作成はできてないことを明らかにした。

 

 記者会見には小保方晴子ユニット・リーダーが所属する「理研 発生・再生科学総合研究センター(CDB)」の特別顧問の相澤慎一氏と、再現実験を行うプロジェクトリーダーの丹羽仁史氏が参加した。

 

 報告では、小保方氏らが論文で記載した「リンパ球からの多能性細胞誘導」の手順で、マウスの脾臓から取り出したリンパ球を弱酸性の刺激を与えて、STAP細胞の作成を試みたが、「万能細胞に特有の遺伝子の働きは確認できていない」と述べた。

 

 今後は実験に使うマウスの種類や臓器、細胞を刺激する方法などの条件を変えて検証を続ける方針。論文の主要著者である小保方氏は、7月から今年11月末までの期間、小保方氏本人の協力を得ながら、第三者によって検証を続けている。

 

 

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー