防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

北陸道料金所で中学生16人が乗ったバスとワゴン車が正面衝突

 福井県警察本部によると、今日(28日)午前8時ごろ、福井県の北陸自動車道の料金所付近で、中学生16人を乗せたマイクロバスとワゴン車が正面衝突し、運転していた男性2人が大ケガ、複数の中学生が病院で治療を受けている。

 

 事故があったのは、福井県坂井市の北陸自動車道丸岡インターチェンジにある料金所入り口付近で、名古屋からサッカーの練習試合に参加するために福井県を訪れた中学生16人を乗せたマイクロバスが料金所に入ろうとしたところ、出てきたワゴン車と正面衝突した。警察や消防によると、マイクロバスを運転していた52歳の男性が右足を折る重傷、ワゴン車を運転していた男性と中学生のうち数人もケガをしていて病院で治療を受けている。

 

 この事故で北陸自動車道の丸岡インターチェンジでは今朝8時20分から上下線で閉鎖が続いている。

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー