防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

マツダが新型ロードスターを世界初公開 日米など3ヶ国で

世界で初披露となった新型ロードスター(マツダのFACEBOOKページから引用)

 マツダは4日、開発中だった4代目の新型「ロードスター」のボディを日本、米国、スペインで行なったイベント会場で、世界で初めて公開した。


 新型ロードスターは、動力系では低燃費と高出力の両立を目指した同社の「SKYACTIV技術」を導入し、ボディには野生動物のしなやかな動きをモチーフとしたデザインテーマ「鼓動」を採りいれているという。


 車体は歴代ロードスターの中で「最もコンパクトなサイズ」とし、現行モデルと比べて100キロ以上軽量化したため、車両重量は1トンを切る。


 鮮やかなレッドの塗装を施された初披露のロードスターには反響も大きいようで、マツダのFACEBOOKページでは「カッチョいい〜」「セクシー」「早く乗りたい」など熱心なファンからのコメントが相次いだ。


 なお、エンジン排気量や最高出力などの詳細は明らかになっていない。販売は2015年から、世界で展開する予定。

 あなたにオススメの記事

メニュー