防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

玄米・焼き芋・ようかんも… 宇宙日本食33品目が決定!

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)で食べるために民間企業から募集していた宇宙日本食として、白米やサバの缶詰、焼き芋、ゼリー飲料など33品目を選定したと発表した。

  

 選ばれたのは、ほかに五穀玄米ご飯やようかん、鯛の塩焼きなどお馴染みの日本食から、エビのチリソース、キ-マカレーまでバラエティに富んでいる。水分やカスが飛び散らないこと、常温で1年半以上もつことなどの条件が課されていた。

 

 JAXAが選定した宇宙日本食はこれまで28品目にのぼっており、ISSでは日本の宇宙飛行士だけでなく、世界の宇宙飛行士が食べているという。

 あなたにオススメの記事

メニュー