防災と災害情報のニュースメディア
  • テクノロジー

世界最速の超低温冷凍機を開発 東北大

開発した小型の断熱消磁冷凍機(ADR)/東北大学HPより引用

 東北大学金属材料研究所は、民間企業と共同し、室温から絶対零度に近い極低温(-273℃)まで、世界最速で冷却できる物性測定用冷凍機を開発した。従来の冷凍機とは異なり、磁気を用いて冷却する方法で、冷却速度は50〜100 倍も速いという。

 

 この冷凍技術は、一般の冷蔵庫などにすぐに応用するものではなく、物性の研究や材料開発の分野で活用されるといい、研究した青木大教授によると「超伝道の材料開発を通してリニアモーターカーやMRIの性能向上に寄与することが期待される」とのこと。

 

 従来、室温から絶対零度の極低温まで下げるには、数日から1週間ほどかかっていた。

 あなたにオススメの記事

メニュー