防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

西日本で大気不安定 大雨に警戒を

9月6日午後1時30分気象庁発表の全国のレーダーナウキャスト(降水・雷・竜巻)

 西日本周辺にのびる前線や沖縄の南の海上にある熱帯低気圧の影響で、西日本では大気が不安定な状態が続き、鹿児島県や島根県で局地的に非常に強い雨が降っている。

 

 各地の気象台によると、鹿児島県の奄美地方では、発達した雨雲がゆっくり北上していて、1時間に70ミリから80ミリの雷をともなった猛烈な雨が降り続いている。今後、7日正午までの24時間に予想される降水量は多いところで150ミリに達するおそれがある。

 

 また、島根県西部の浜田市でも、正午までの1時間に50ミリの激しい雨が降っていて、7日正午までの24時間に予想される降水量は100ミリの見通し。

 

 気象庁では、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、土砂災害に警戒するよう呼びかけている。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー