防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

最高額は日ハム大谷 プロ野球チャリティ競売で2040万円

9月7日に10本塁打・10勝を達成した日ハム・大谷選手(北海道日本ハムファイターズHPから引用)

 日本プロ野球機構は8日、東日本大震災の被災地への寄付を目的として行われたプロ野球慈善オークションの総落札額が2040万7722円だったと発表。最高額は、投手・野手の「二刀流」で米大リーグのベーブ・ルース以来96年ぶりとなる10本塁打・10勝を達成したばかりの日本ハム・大谷翔平選手のユニホームで175万2000円だった。


 この慈善オークションは、今年のオールスターゲーム出場選手や監督らの直筆サイン入りユニホーム68点を出品して、7月30日から8月6日までインターネット上で開催。最高落札額は大谷選手の175万2000円で、以下、2位は坂本勇人選手(巨人)の110万3000円、3位は阿部慎之助選手(同)の73万7000円だった。


 売上金は、東日本大震災復興支援活動の義援金として、岩手、宮城、福島の3県に寄付される。

 あなたにオススメの記事

メニュー