防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

ニカラグア首都近郊に隕石落下 けが人なし

ニカラグア首都マナグア近郊の雑木林にできたクレーター(提供:Nicaraguan Army)

 中米ニカラグアキ共和国政府は現地時間7日、首都マナグア郊外のマナグア国際空港と空軍基地の間にある雑木林に小型の隕石が墜落したと発表した。けが人はいない。

 

 ニカラグア政府は、隕石の落下によってできたとみられる直径約12メートル、深さ約5メートルのクレーターの写真を公開。落下の衝撃で隕石そのものが崩壊したか、クレーターに埋まっているかどうかは不明という。

 

 現地メディアの報道によると、6日夜に落下現場近くに住む多くの住民が、爆発音のような音を聞き、揺れを感じたが、通常、隕石が落下する時に発生する閃光は見なかったと話しているという。

 現地の専門家のなかには、今月7日に地球に近い距離を通過した小惑星「2014RC」との関連性を指摘する者もいるが、米航空宇宙局NASAでは、「2014RCの接近時間から考えると、関連性は薄い」と見ている。

 

 ニカラグア政府は、国際的な専門家に協力を求めて調査する方針を示している。

クレーターを調べるニカラグア軍兵士

クレーター周辺を調べるニカラグア軍兵士(提供:Nicaraguan Army)

 あなたにオススメの記事

メニュー