防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

フル充電で500キロ走行!米EV車が日本で発売開始

テスラ・モーターズのEV車「モデルS」(同社HPから引用)

 米電気自動車(EV)ベンチャーのテスラ・モーターズが8日、フル充電で500キロ走行できるセダンタイプEV車「モデルS」の日本での発売を始めた。


 「モデルS」は、同社のEV第1号のスポーツタイプ「ロードスター」に次ぐモデルで、すでに2012年に米国で販売されており、4万台の納車実績があるという。


 性能は、フル充電で500キロの走行が可能で、最高時速は200キロ。乗車定員は5人で、価格は823万円から。


  国内のエコカー市場で、EV車は2012年の販売台数が6万7000台と、ハイブリッド車の124万8000台に対し、大きく水をあけられている。「フル充電で走行できる距離が短い」「充電スタンドが少ない」などがその理由だ。


 ただ、日産自動車の「リーフ」、三菱自動車の「i-MiEV」に続き、トヨタは今年度内に水しか出さない燃料電池自動車「ミライ」を販売を予定。国内メーカーが「次世代のエコカー」の開発にしのぎを削る日本の市場に、テスラ・モーターズがどこまで食い込めるか注目される。

 あなたにオススメの記事

メニュー