防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

北海道南西部の胆振地方で記録的短時間大雨

気象庁9時発表のレーダーナウキャスト(気象庁HPより)

 北海道は、上空の寒気の影響で大気が不安定な状態が続き、南西部の胆振(いぶり)地方では1時間に120ミリの猛烈な雨が観測されたとして、気象庁では白老(しらおい)町と室蘭市に「記録的短時間大雨情報」を発表して、警戒を呼びかけている。

 

 気象庁によると、北海道付近は気圧の谷のなかで上空には寒気が入っていて、太平洋側西部と日本海側南部では今朝までに局地的な激しい雨を観測した。

 

 胆振地方の白老町では、活発な雨雲が停滞していて、10日午前6時までの1時間あたりの雨量が120ミリ、9日12時から今日7時までの雨量が、速報値で210ミリを超えたほか、登別市でも今日9時半までの1時間あたりの雨量が110ミリを観測。

 

 気象庁では、白老町と室蘭市に「記録的短時間大雨情報」を発表して、大雨による低い土地への浸水や土砂災害、河川の増水、氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー