防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

18日は荒れ模様 西日本から東北地方で暴風のおそれ

 前線を伴った低気圧の影響で、18日は西日本から東北地方で暴風となる所があるとして、気象庁は警戒するよう呼びかけている。

 18日は、低気圧が発達しながら日本海を北東に進むため、朝のうちから全国的に南風が強まり、沿岸部では暴風となるところがある。暖かく湿った空気が流れ込んで雨雲が発達するため、西日本や東日本ではこの時期としては大雨となるところもある見込みだ。

 予想される最大風速は、
  近畿地方で25メートル(最大瞬間風速35メートル)
  四国地方で23メートル(同35メートル)
  九州北部地方、東海地方、東北地方で20メートル(同30メートル)

 予想される波の高さは、
  近畿地方で6メートル
  四国地方、東海地方、東北地方と九州北部地方で4~5メートル

 また、西日本と東日本では局地的に雷を伴い1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降ると予想されるため注意が必要だ。

 予想される降水量はいずれも多いところで、
  西日本で150ミリ
  東日本で80ミリ

 気象庁は、南風で急速に気温が上がるため、積雪の多い地域での雪崩や低い土地への浸水や河川の増水、竜巻などの発生にも注意を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー