防災と災害情報のニュースメディア
  • 環境

今年の紅葉は東・北日本で「やや早め」 北海道では既に見頃も

ウェザーニュースが公表した紅葉予想(同社ホームページより)

   気象情報会社ウェザーニュースは今年の紅葉について、北海道の一部で早くも見頃を迎えるなど、東日本から北日本にかけて例年より早めに葉が色づくとの予想を発表した。


   同社によると、北海道では山の色づきがかなり早く始まり、大雪山では見頃を迎えたエリアも。大沼公園でも10月中旬には見頃を迎える見込みという。東北や関東、中部の山沿いでも秋の訪れが早かったため、例年並みかやや早い今月末から11月中旬にかけて紅葉シーズンを迎えそうだ。


   色づきに関しては、10月後半から秋晴れの日が多くなり、朝晩の冷え込みも十分とみられることから、鮮やかな紅葉が期待できそう。ただ、9月は低気圧や前線の影響でぐずついた天気が続く可能性があり、標高の高い山では色づきの悪さが心配される。


   近畿、中四国、九州の西日本では9月以降に気温が平年並みとなるため、紅葉の見頃も平年並みの10月後半からとみられる。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー