防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

毛根の遺伝子で統合失調症や自閉症を診断 理研など

毛根を利用した遺伝子発現解析の方法と、毛根細胞におけるFABP4タンパク質の発現。FABP4は毛髪のやや内側や毛髪の中央部に発現する(理研の論文より転載)

 現在は聞き取り調査など以外に診断方法がない「統合失調症」や「自閉症」について、頭皮の毛根細胞から採取した遺伝子を利用することで、科学的・客観的に判断することにつながる「バイオマーカー」を発見したと理化学研究所(理研)などの研究グループが明らかにした。

 

 研究は、理研脳科学総合研究センターの分子精神科学研究チームと、医療機関や複数の大学からなる共同グループによるもの。

 

 研究グループは、頭皮の毛根細胞が、発生学的に脳の細胞と同じ外胚葉由来であることに着目して、統合失調症患者や自閉症患者の毛髪を採取。毛根細胞を解析した結果、従来は脳だけで発現すると考えられていた遺伝子の多くが毛根細胞でも発現していることが判明した。

 

 さらに、精神疾患患者の死後の脳で遺伝子の発現を解析したところ、統合失調症患者の毛根細胞では、脂肪酸結合タンパク質をつくる「FABP4」という遺伝子が健常者に比べて約40パーセント低下し、自閉症患者では神経系の細胞同士を結びつける「CNTNAP2」という遺伝子が低下していることがわかった。

 

 従来、精神疾患の臨床現場では、患者の行動や体験、家族などから聞き取り調査をする以外に、客観的な「生物学的診断法」はなかったことから、研究グループでは今回の研究結果が、精神疾患の早期発見・早期治療に役立つと期待している。

 

 この論文は、米科学誌「Biological Psychiatry」電子版に11日に掲載された。

 あなたにオススメの記事

メニュー