防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

震災時の帰宅困難者に200駅開放 JR東日本

 震災で多くの帰宅困難者が出る事態に備え、JR東日本は東京から30㌔圏内の約200駅を一時滞在場所として開放することを決め、来年度内をめどに非常食や飲料水の備蓄を進めている。

 

 2年前の東日本大震災では鉄道の運行が停止し、内閣府の調査によると、首都圏で約515万人の帰宅困難者が発生した。しかし、JR東日本は駅構内に人が集中するのは危険だとして一部の駅でシャッターを閉じ、自宅に帰れない乗客が締め出される格好となった。

 

 この反省を踏まえ、JR東日本はまず新宿や渋谷など主要ターミナル30駅を一時滞在場所として開放することを決め、昨年9月に約3万人の毛布や飲料水、救急用品などの備蓄を完了。今回、さらに約170駅拡大し、ホームページ上で公開した。

 

 JR東日本によると、大地震が発生した場合、構内の損傷状況を確認した上で駅係員が安全な場所まで誘導。異常時案内用ディスプレイなどを通じて地震情報や運行状況を知らせる。スペースが狭く一時滞在場所に指定できない駅でも、トイレや公衆電話は開放するという。

 あなたにオススメの記事

メニュー