防災と災害情報のニュースメディア
  • テクノロジー

民間宇宙旅行も?シャトル後継機を選定 NASA

 米航空宇宙局(NASA)は16日、国際宇宙ステーション(ISS)へ飛行士を運ぶ飛行船「スペースシャトル」の後継機に、ボーイング社の「CST―100」とスペースX社の「ドラゴン」の2機種を選定したと発表した。


 2011年にスペースシャトルが退いて以来、米国はISSへの有人飛行をロシアの宇宙船「ソユーズ」に頼ってきた。ここへきてウクライナ情勢などが緊迫化する中、ISSへの有人飛行をロシア依存から脱し、独自に有人飛行船を確保する必要が高まっていた。


 選定されたCST―100とドラゴンは、翼はなくロケットで打ち上げられ、地球にはパラシュートなどで帰還する。すでに開発を終えて、実証試験に入っており、17年に実用化された後は2~6回の有人飛行が予定されている。


 両機ともにISSへの飛行以外、商業利用も想定しており、NASA以外の新たな宇宙飛行ビジネスの開発にもつながるという。

ボーイングの「CST―100」

ボーイングの「CST―100」(NASAのHPより引用)

スペースXの「ドラゴン」

スペースXの「ドラゴン」(NASAのHPより引用)

 あなたにオススメの記事

メニュー