防災と災害情報のニュースメディア
  • 生活情報

アップルが新機能付加した「iOS 8」を提供開始

「iOS 8」の画面

 アップルは17日、指を上下にスライドすることで露出が調整できるカメラ撮影機能や他社製日本語入力システムへの対応、ヘルスケアアプリ搭載など新たな機能を付加した「iOS 8」の提供を開始した。同OSは今月に新発売のiPhone6シリーズにも標準で搭載される。

 日本でも注目の機能としては、同社純正以外のソフトウェアキーボードにも対応している点で、日本語入力システム「ATOK」などが利用できるようになる。このほか体重や血糖値、心拍数、消費カロリーなど健康・フィットネス関連のデータを記録・管理できるヘルスケアアプリが利用可能。

 iOS 8は、19日発売の「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」には標準で搭載されており、現行モデルではiPhone 4S、iPad 2、iPad mini、iPod touch以降の機種にインストールできる。

 あなたにオススメの記事

メニュー