防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

エアコンやエアバッグに不具合 スズキが41万台リコール

 スズキは18日、「エブリィ」「ハスラー」の2車種で、エアコンの外気導入口の構造が不適切なため最悪の場合は火災が起きたり、エアバッグの溶接が不適切で正常に作動しないおそれがあるとして、約41万台のリコールを国土交通省に届け出た。


 エブリィについては、エアコン外気導入口の構造や温度ヒューズの仕様が不適切なため、最悪の場合、加熱して火災に至るおそれがあるというのもので、もともとは2010年2月25日にリコールが出されていたが、その際、作業指示に誤りがあり同様の不具合が発生。再点検を行うために、あらためて実施した。


 ハスラーは、助手席用エアバッグの溶接が不適切なため、車体の衝突時に正常に作動しない恐れがある。


 リコールの対象車種と台数は、エブリイが40万7878台でハスラーが3473台の計41万1356台で、2005年8月6日~2010年3月18日に製造されている。

 あなたにオススメの記事

メニュー