防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

「アナと雪の女王」は盗作だとして250億円の訴訟 ペルー人作家

アンデルセンの「雪の女王」から着想を得たと言われる「アナと雪の女王」に盗作疑惑が?! 写真はDVDジャケット写真(ディズニー公式サイトより)

 世界中で大ヒットしたディズニー・アニメ「アナと雪の女王」のストーリーが「盗作」だとして、ペルーの女性作家が米ディズニー社を相手どって2億5000万ドルの訴えを起こしたと複数の海外メディアが報じた。

 

 訴えを起こしたのは、ペルー人作家イザベラ・タニクミ(Isabella Tanikumi)さん。2010年に出版した自叙伝「Yearnings of the Heart」から、ストーリーやキャラクター、プロットなどが盗まれたと主張している。

 

 タニクミさんによると1970年にペルーで起こった大地震を経験した自身の家族について描いた本で、物語のなかで2人の姉妹が災難に遭い、恋愛や孤独などを体験するなど複数の部分が「アナと雪の女王」に似ているとして、米ディズニー社に対して2億5000万ドル(約250億円)支払うよう訴えを起こした。

 

 タニクミさんのFacebookには、多くの報道機関から問い合わせが殺到しているが、これまでのところインタビューに応じていない。

 

 「アナと雪の女王」は、アンデルセン童話の「雪の女王」から着想を得たと言われている。米ウォルト・ディズニー社ではこの問題についてコメントを控えている。

イザベラ・タニクミFacebook

イザベラ・タニクミさんのFacebook画面。確かにトップ画面に映画を彷彿させる雪山は見えるが……。

イザベラ・タニクミ

「アナと雪の女王」はマチュピチュが舞台だった?トンでも過ぎる設定の自叙伝の表紙

 あなたにオススメの記事