防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

春のセンバツを前に甲子園で防災訓練

 第85回選抜高校野球大会を前に、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で19日、震度6弱の地震を想定した避難訓練が行われた。

 訓練には球場スタッフ約300名が参加。午前10時半に地震の発生と大津波警報の発令を知らせる場内アナウンスが流れると、警備員がスタンド席に向かって待機を呼びかけた。避難する際に多数の観客が負傷したと想定し、歩行困難となった観客は担架などで場外に搬送。自力で場外へ避難した観客には津波対策として海抜の高い場所への誘導も行った。

 避難訓練は毎年、約40万人が来場する春と夏の大会前に実施している。今年のセンバツは36校が出場し、22日に開幕する。

 あなたにオススメの記事

メニュー