防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

「はやぶさ2」11月30日に打ち上げへ

地球を出発する「はやぶさ2」の想像図(提供:JAXA/図:池下章裕氏)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、小惑星探査機「はやぶさ2」を11月30日、鹿児島県・種子島宇宙センターからH-2Aロケットで打ち上げると発表した。

 

 打ち上げ予定時間は、11月30日午後1時24分。直線距離にして地球から約3億キロ離れたC型小惑星「1999JU3」を目指し、4年余りかけて旅をする。

 

 小惑星には2018年に到着し、1年半かけて小惑星表面の鉱物サンプルを採取したり、新たに設けた衝突装置を使って、人工的なクレーターを作り、小惑星の内部構造などを調査する。6年後の2020年に地球に帰還する予定。

 

 小惑星「1999JU3」は、初代「はやぶさ」が探査したS型惑星「イトカワ」とは異なる種類で、表面物質には有機物や含水鉱物が多く、太陽系が誕生したころの状態を保っていると考えられている。

 

 地球誕生の謎に加えて、海の起源や生命の進化に迫る探査として、「はやぶさ2」のミッションに大きな期待が寄せられている。

小惑星「1999 JU3」に到着した時の想像図

「はやぶさ2」が小惑星「1999 JU3」に到着した時の想像図。2種類の電波に対応した2つのアンテナを搭載している(提供:JAXA/図:池下章裕氏)

人工的なクレーターを作る想像図

探査が一通り終わると衝突装置を切り離し、人工的なクレーターを作る(提供:JAXA/図:池下章裕氏)

 あなたにオススメの記事

メニュー