防災と災害情報のニュースメディア
  • イベント

福岡市が東京五輪のスウェーデン合宿地に 全国初

レベルファイブ スタジアム(提供:福岡市)

 福岡市は30日、2020年に開催される東京オリンピックでスウェーデンの直前合宿地に内定し、10月8日に市庁舎で同国五輪委員会と基本合意書に調印すると発表した。東京五輪で直前合宿地が決まったのは、同市によると「全国では初めて」という。

 直前合宿は20年7〜8月に行われ、選手と五輪委員会関係者ら計約150人が滞在する。市営の博多の森陸上競技場やJ2・アビスパ福岡の本拠地であるレベルファイブスタジアムなどの施設を利用する。


 スウェーデンは08年の北京五輪でも福岡市で事前合宿を行った経緯がある。今年4月には同国五輪委員会のメンバーが視察していた。


 政府は現在、東京五輪出場国について自治体ごとに担当を決めて交流・応援を行う「ホストシティ・タウン構想」を検討しており、福岡市が先駆けてスウェーデンのホスト都市に名乗りを上げた格好といえる。

 あなたにオススメの記事

メニュー