防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風18号 強い勢力のまま沖縄へ接近 4日は大荒れに

10月3日午後3時気象庁発表台風経路図(気象庁HPより転載)

 大型で非常に強い勢力を保つ台風18号は、3日午後3時現在、日本の南の海上を1時間に約20キロの速さで発達しながら北西に進んでいる。4日は沖縄に接近し、九州南部~奄美地方でも非常に強い風が吹くおそれがあるとして、気象庁では暴風や高波に厳重に警戒するよう呼びかけている。

 

 気象庁によると、3日午後3時現在、台風の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の北東側600キロ、南西側500キロ以内では、最大15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風は今夜から4日にかけて、非常に強い勢力を保ったまま北西に進み、4日は沖縄本島の東側にある大東島に接近。大東島から沖縄本島~九州南部にかけて、海上は猛烈なしけとなる見込み。その後、5日には進路を北東に変え、西日本に近づくおそれがある。

 

 大東島では今夜から非常に強い風が吹き、4日以降、激しい雨が降る見込み。4日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで200ミリ。気象庁では落雷や竜巻など激しい突風に注意するよう早めの安全確保を呼びかけている。

 

 また、台風の北上に伴い、本州付近に停滞する前線の活動が活発となるため、5日は台風と前線の影響で、西日本から東日本の太平洋側を中心に雨量が多くなる見込み。

 あなたにオススメの記事

メニュー