防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

カコナール13万個自主回収 金属キャップ損傷でケガのおそれ

第一三共ヘルスケアのHPから

 第一三共ヘルスケアは、液体の漢方薬「カコナール2」で金属キャップが損傷した可能性がある製品が出荷され、開封する際に手を傷つけたりするおそれがあるとして6日から商品の自主回収を開始した。


 今年3月に購入者から「キャップに傷が付いていて、けがをした」という指摘があり、同社が調べたところ、製造工程において箱に本体を封入する際、金属キャップが機械部品と接触して損傷した可能性が判明したという。


 液剤の変質等は伴わないことから、有効性や安全性に問題はなく、服用によって健康被害が発生するおそれはない。


 対象商品は、2013年12月以降に販売した「カコナール2」(2本入り)の製品のうち、製造番号が「HM12」「HM13」「KD02」の合計13万3220箱。購入者には良品と交換する。問い合わせは、同社「カコナール2」回収センター(0120-203-278)。

 あなたにオススメの記事

メニュー