防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

エレキバンの「ピップ」 電池誤飲で耳かき機15万本回収

ボタン電池を乳幼児が誤飲する事故を受けて自主回収が決まった「光る!粘着耳そうじ棒 ピカッとキャッチ」(提供:ピップ)

 医薬品メーカー・ピップは6日、耳の中を照らすライトが付いた耳かきの電池を、乳幼児が誤飲する事故が起きたことを受けて、この商品約15万5000本を自主回収することを発表した。

 

 対象となる商品は、2011年9月から発売されている「光る!粘着耳そうじ棒 ピカッとキャッチ」。

 

 ピップによると、2013年8月、1歳の男の子が耳かきに内臓されているボタン式電池を誤って飲み込み、2カ月入院。ボタン電池のふたはスライドさせて開閉する仕組みで、事故があったときには、ふたが開いていたという。

 

 ピップは、この商品を自主回収し、購入した人には代金を返還するとしている。

 

 問い合わせは、同社お客様相談室(0120-515-854)。なお受付時間は、10月17日までは午前9時~午後6時、18日以降は土・日・祝を除く午前10時~午後5時まで。

 あなたにオススメの記事

メニュー