防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

最大級の台風19号 明日からの3連休を直撃

台風19号今後の経路図(気象庁HPより)

 大型で非常に強い台風19号は10日午後3時現在、沖縄の南の海上を1時間に約15キロの速さで北に進んでいて、明日(11日)から始まる3連休の初日には沖縄や奄美では陸・海ともに大荒れのおそれがあり、気象庁で厳重な警戒を呼びかけている。

 

 気象庁によると台風19号の中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、中心から半径220キロ以内では、風速25メートル以上の暴風域となっている。

 

 沖縄地方と奄美地方では今夜、東よりの非常に強い風が吹いており、海上はうねりを伴った大しけとなっている。11日は引き続き、猛烈な風とともに、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあり、11日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで200ミリ。

 

 台風はこのまま非常に強い勢力を保ち、12日には沖縄本島に接近し、その後、週明け13日には九州南部に近づく。12日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、沖縄地方と奄美地方では300~500ミリ、九州南部では200~300ミリの見込み。

 

 台風19号の影響で、西日本から東日本では12日以降、北日本では14日が大荒れの天気になるおそれがあることから、気象庁では、土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水、はん濫に厳重に警戒するよう呼びかけている。

 

 政府は、11日午後6時15分から関係省庁を集めて災害警戒会議を開き、台風19号への対応について事前に体制を整えることにしている。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー