防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風19号 今夜から明け方にかけて沖縄本島へ接近

台風19号の予想進路/気象庁HPより引用

 大型で非常に強い台風19号は今夜の12日未明から明け方にかけて沖縄本島地方にかなり接近する見込みのため、気象庁では同地方や奄美地方、九州南部地方に対し、土砂災害や河川の増水などに厳重な警戒を払うよう呼びかけている。

 

 台風19号は、11日午前6時には那覇市の南南東約260キロにあり、1時間に約15キロの速さで北上。中心気圧は930ヘクトパスカル、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっており、中心から半径260キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 

 12日未明から明け方にかけて沖縄本島地方へかなり接近するおそれがあり、その後の進路予想では13日に強い勢力を保ったまま九州南部へ。このため沖縄・奄美地方では12日午前6時までの24時間に、いずれも多いところで300ミリの雨量が予想されており、さらに13日午前6時までの24時間では両地方で200~300ミリ、九州南部地方で300~400ミリとなっている。

 

 また、気象庁では暴風にも厳重な警戒を呼びかけており、12日にかけて沖縄地方で予想される最大風速は45メートル(最大瞬間風速65メートル)、奄美地方では同35メートル(50メートル)、九州南部では同23メートル(35メートル)。高波については沖縄・奄美地方で13メートル、九州南部で10メートルとなっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー