防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風19号 鹿児島県枕崎市付近に上陸 列島縦断のおそれ

台風19号の予想進路。日本列島縦断のおそれも/気象庁HPより引用

 大型の台風19号は午前8時30分ごろ、鹿児島県枕崎市付近に上陸し、九州のほぼ全域を暴風域に入れながら1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでおり、気象庁では暴風や高波、高潮、土砂災害などに対して厳重な警戒を呼びかけている。

 

 台風19号は、中心気圧が975ヘクトパスカル、最大風速が30メートル、最大瞬間風速が45メートルで、中心から北側280キロと南側220キロ以内は風速25メートルの暴風が、中心から700キロ以内の全域は風速15メートルの強風が吹いている。

 

 気象庁によると、今後、台風19号は九州の東海上へ抜けた後、四国や近畿地方に接近あるいは再上陸して、日本列島を縦断するおそれもある。

 

 この影響により、14日にかけて予想される最大風速は九州南部・四国・近畿が35メートル(最大瞬間風速は50メートル)、奄美・九州北部・伊豆諸島・東北地方が30メートル(同45メートル)、関東・北海道地方が26~27メートル(同40メートル)、中国・北陸・東海地方が25メートル(同35メートル)。

 

 また、四国では局地的に1時間80ミリの猛烈な雨が降るなど、台風の影響で全国的に大雨となる見込みで、14日午前6時までの24時間で予想される雨量は、いずれも多いところで四国地方が450ミリ、近畿・東海地方が400ミリ、中国・北陸地方が250ミリ、九州・関東甲信地方が150ミリとなっている。

 

 さらに西日本と東日本の太平洋側では、落雷や竜巻などに対する注意も必要としており、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動して、安全確保に努めるよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー