防災と災害情報のニュースメディア
  • 歴史

北海道むかわ町でハドロサウルスの上顎の骨を発見 国内初

北海道のむかわ町では白亜紀の草食恐竜の化石が発掘中。国内では初の上顎の骨が掘り起こされた!恐竜の遺骸が流される様子の復元画(©服部雅人/北大論文より転載)

 北海道南部のむかわ町で約7200万年前の地層(白亜紀後期)から、ハドロサウルス科の恐竜の上顎骨(じょうがくこつ)の一部が発掘されたと北海道大学などの調査チームが発表した。

 

 ハドロサウルス科は7000万年以上前の白亜紀後期に生息した全長7~12メートルほどの草食恐竜で、国内では熊本や兵庫に次いで3例目の発見だが、上顎骨は今回が初めて。

 

 むかわ町穂別では昨年(2013年)にも、同じ地層から長さ1.2メートルの大腿骨を含む、腰から後ろ部分の骨格を発見。今回の発掘作業では、1次調査で掘り起こされなかった、頭部から胸部にかけての化石の発見が課題となっていが、これで一歩前進したことになる。

 

 この恐竜化石は、脊髄の骨の一部に特徴的な突起があることから、まったく新しい種類である可能性も指摘されており、ティラノサウルスが生息していた時代のアジア恐竜の生態を解明する上で、今後の研究の成果に期待が寄せられている。

発掘の様子

発掘風景。去年はこの近くで大腿骨など腰から後ろの部分の骨が見つかった(提供:北大)

上顎の骨

ハドロサウルス科の上顎の骨の一部。ここから掘り進めて全身骨格へつながる可能性が出てきた(提供:北大)

 あなたにオススメの記事

メニュー