防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

富士山で鮮やかな初冠雪! 平年より16日遅く

富士山撮影情報@fujitomo_infoさんTwitterアカウントより引用

 16日朝は上空に寒気が流れ込んで各地で気温が下がり、富士山では初冠雪を観測したと気象庁が発表した。初冠雪は去年より3日早く、平年より16日遅いとのこと。


 富士山の頂上近くは山肌に雪が積もり、最も富士山らしい景色となった。今朝は、北海道旭川市では0度まで下がって初氷を観測し、青森市で4度8分、東京都心で13度5分と、各地で平年を2度から5度ほど下回り、この秋、いちばんの冷え込みとなった。


 気象庁によると、東日本や西日本は高気圧に覆われて晴れて、今日の日中は気温が上がり各地で20度前後まで気温が上がる一方、夕方から日本海の上空を寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、北陸など日本海側では大気の状態が不安定になる見込みだ。

 あなたにオススメの記事

メニュー